浮気の悩み体験談

みんなはどんな浮気の悩みをもっているの?
自分と同じ悩みを抱えている人はいるの?
浮気経験者達の浮気の悩み体験談を紹介。

  1. ホーム
  2. 浮気から離婚請求

浮気から離婚請求

結婚生活30年を迎える夫から離婚を言い渡されたケースがあります。

その夫は結婚10年目から浮気をしていました。

そして浮気を機に別居生活を送っていました。

その浮気をした夫の離婚請求訴訟が最高裁で認められたのです。

浮気をした夫が離婚訴訟を起こし、それが認められたのは昭和62年のことです。

浮気をされた妻にとっては踏んだり蹴ったりの結果となりました。

この離婚請求が認められた理由には次の条件がありました。

一.夫婦の年齢や同居期間に対して別居生活が長期間に及んでいること。

二.夫婦間に未成熟の子供がいないこと。

三.相手方配偶者に対し、離婚が精神的、社会的、経済的に過酷な影響を与えないこと。

そしてこの条件を満たした場合にのみ、非がある配偶者側からの離婚請求が認められるのです。

上記の夫婦の場合、これらの条件を満たしていた上、慰謝料2500万円で決着しました。

婚姻期間30年のうち別居期間が20年であること、子供が成人していること、無職で資産もない妻に対し生活に困らない慰謝料を支払うことで経済的に影響がないことを理由に離婚が成立したのです。

▲このページの先頭へ

浮気の悩み体験談

浮気相手に捨てられ浮気がバレて離婚をした男性が、浮気相手の女性に捨てられたケースは珍しくありません。

浮気相手からの手紙浮気相手の女性は時折、メールではなく手書きの手紙を男性に渡します。

浮気相手の罠浮気相手の女性が浮気をしている男性の妻に対し、罠をしかけたのです。

遺贈とは遺贈とは浮気相手やその子供に対し、財産贈与を遺言で明示することです。

彼の浮気を超え同棲していた彼の浮気をを2年間黙認していました。

裏切った彼女性は浮気をされると冷めるか、取られたくない思いから執着するかのどちらかに分かれます。

浮気男性の特徴人間は手に入らないモノほど手に入れようとします。

浮気で心が苦しい時浮気で心が苦しいと、他の事は何も考えられなくなってしまいます。

本気の浮気浮気の恋はこれからも数多く生まれ、その多くは破綻します。

浮気を経験相手の浮気を経験して、精神的に成長する女性は大勢います。

浮気の決断浮気をされて初めて気づく相手に対する想いは必ずしも正しい気持ちとは言えません。

願掛けで浮気防止同棲していた彼に同じ職場の女性と浮気をされました。

相手の浮気で1人今まで2人で過ごしていたはずの時間を、1人で過ごさなければならないときがあります。

体の浮気と心の浮気体の浮気と心の浮気どちらを許せますか??

浮気相手と結婚付き合っていた彼が、ある日突然結婚してしまったのです。

どっちが浮気相手?職場で知り合って付き合うようになった彼がいました。

浮気で自分を鍛える彼に浮気をされているときこそ自分を鍛えるチャンスです。

浮気をした彼を信じれる?浮気をした彼をまた信じられますか?

浮気を我慢夫の浮気に苦しむ女性に多いのが「自分さえ我慢すれば」という考え方です。

求める夫婦像結婚前の気持ちを思い出してみてください。

浮気の苦しみ夫婦は結婚した時から「夫婦」という一組にくくられることが多いものです。

浮気の影響夫の浮気が原因で離婚をした1児の女性がいました。

浮気逆切れ自分が浮気したことを責められ開き直る男性がいます。

浮気相手を妻と紹介ある既婚男性が勤務先で妻と紹介していた女性が実は浮気相手だったのです。

浮気の確認彼の社員旅行の写真に、いつも彼の隣りに座っている女性がいました。

浮気をした彼1ヶ月程前に酒の席で浮気をしてしまった彼を彼女は許せずにいました。

親友と彼の浮気私の彼と学生時代からの親友が浮気をしていました。

浮気修羅場最近夫の浮気が発覚、家庭は修羅場と化しました。

娘の旦那の浮気県外に住む娘から旦那が浮気をしていたという電話がありました。

浮気発見浮気を発見した場合、浮気が本気かどうかまずご主人に聞いてみるのが先決です。

夫の浮気は仕方ない?私は、父親の浮気に母親が長い間苦しんできたのを見ていたせいか…

夫婦の絆夫の浮気がわかった時点では黙っていましたが、彼が外泊したことで…

浮気で別居生活結婚して6年、二人目の子ができるまでは夫の家族と同居をしていて…

▲このページの先頭へ